So-net無料ブログ作成
検索選択

Raptr

Raptr Forum Signature
前の10件 | -

PSVita&逃走ハイウェイフルブースト購入。でちょっとネタやろうかと [ゲーム]

逃走ハイウェイタイトル.jpg
 「興味はあったけど買わせるまでのソフトはないなあ」と思っていたPSVita。しかし4月17日にD3パブリッシャーから「Vitaで@SIMPLE VシリーズTHE逃走ハイウェイフルブースト出します」と突如発表。これが引き金になって買っちゃいました、PlayStaiton Vita Play! Game Pack。有機EL使ってみたかったので旧バージョンのPCH-1100に手を出しました。確かにきれいな画面でした。
 正直言ってPSVitaTVでもいいかなあと考えたこともありましたが自分が思い至った結論は「サブ機だからVitaもないと活かしきれないなあ」ということで今回は見送り。…まあ何かきっかけがあったら買うかも。

 本日4月30日逃走ハイウェイ配信&購入。多分1作目同様ノンストップモードあるんじゃないのかなあ。でとても4時間ぶっ通しとか無理。
 …ということで前に逃走ハイウェイラジオとかやったので
今回はUSTREAM配信
しようかと思います。とりあえず本日21時テスト配信で(初めてなので)問題なければ23時1面クリアを目指そうかと。でノンストップモードあったら休みに入れる5月4日夜にこれを攻略しようかと。

 配信アドレスとかはツイッター@v_saturnで告知すると思います。USTREAMの設定に問題なければ(^_^;)

 ノンストップモード見つかったらあらためてブログとツイッター@v_saturnで告知します。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

[本]TVドラマノーコン・キッドから見るゲーム30年史 感想 [ゲーム]

ノーコンキッド30年史.jpg
 
 最近邦画ドラマめっきり見なくなってしまった自分がはまったテレビ東京の「ノーコン・キッド」。毎週見てツイートしていました。
 それがノーコン・キッドから見るゲーム30年史として本になるということで本屋に予約、購入しました。
 いざ読んでみると…どのページも読みごたえがあって一気に全部読んでしまいました。せっかくなので感想書いてみたいと思います。

 この本はメインキャスト3人の紹介とインタビュー、各話ドラマの紹介とそ担当監督のインタビューとゲーム年史、そしてスタッフのインタビューの構成になっています。
 「ゲーム30年史」とタイトルがついているのでメインは各話紹介になるわけですがゲームの紹介がすごい。ドラマ説明はTV見ていればわかるわけですが監督インタビューで「こんな事情でこういう風になった」って解説とその裏のゲーム事情が丁寧ですばらしいです。
 特に最初と最後を担当する鈴村展弘監督が当時のゲームを知っている方で原案の佐藤大さんと一緒に「ゲームセンターになってしまった駄菓子屋」を作っていたり「もう流行ってないパックマンを2台いれちゃう。個人経営ですから(笑)」という発言とか石田雄介監督の「スーパーマリオブラザーズなので横スクロールやアクションを実写で再現」とかぶっちゃけ話がとても面白い。
 トゥルー・ラブストーリーはときめきメモリアルが使えなかったじゃなくもともとその予定だったということに驚きました。ヒロインの天野みどりが格ゲーにはまっているとか広瀬のぞみが高野にそっくりとかドラマにうまくはまってました。
 でも石田雄介監督の当初は別の名作パズルゲームを使う予定だったとか冨永昌敬監督の台本を直すのに手一杯でファンタジーゾーンプレイしてないとか日程に余裕がなかったとか残念な部分もわかってしまいました。

 ゲーム関係もよくまとまってます。ハングオンは劇中ではMARKⅢでしたが紹介はアーケードでライドオンタイプの他にアップライトとシットダウンがありました。自分区別してなかったです。このページはバーチャレーシングとアウトランも掲載しているので赤が際立つ良いページになっています。他も良い紹介しているのでぜひ本で確認してほしいです。
 しかしこの本も時間の都合か「もうちょっと校正してほしかったなあ」って部分もありました。ダライアスは3画面余白なしでキッチリ写しているのにニンジャウォリアーズは上下に黒枠あったり、メガドライブが89年発売になっていたりしていました。

 最後のスタッフインタビューもすごかったです。原案の佐藤大さんはデータイーストのアストロファイターがすごく記憶に残ってますやゲーム協力の方々の「ゲームで嘘をつけない」部分(沙羅曼陀使いたかったけど嘘をつくとこになるから)とかゼビウスのむき出しモニターの部分とか。とても読みごたえありました。

 とにかく充実してました。これ見てBD-BOX買う決意しました。レトロゲーム好きでしたらお薦めの一冊ですのでぜひ。

 感想とかありましたらツイッター@v_saturnかコメントに返信してくれればうれしいです。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

[パソコン]ヤマハMSX YIS503/303パンフレット [パソコン]

MSXヤマハYIS_0001s.jpg

 MSXネタをもう一つ。1つ前のエントリでビクターHC-6のパンフレットを掲載しましたがそれと全く同じ形のMSXがあります。それがヤマハYIS503です。これは家電ルートの商品であと楽器ルートでCX-5Fという同型もあります。
MSXヤマハYIS_0002s.jpg
MSXヤマハYIS_0003s.jpg
MSXヤマハYIS_0004s.jpg
MSXヤマハYIS_0005s.jpg
MSXヤマハYIS_0006s.jpg

 YIS503もミツミ電機のOEMということでHC-6と同じはずなんですが楽器メーカーということで音楽に非常に力を入れた案内になってます。それと搭載されているLSIがヤマハ製というのもアピール要素になっていますね。
 音楽用ユニットに力を入れるのは当然として面白いところではプレイカードで音楽再生できるZPA-01ですね。「また、カラオケにも使えますヨ、お父さん。」どれだけカードが出たことやら(^_^;)
 それとMSXワープロ。ヤマハのシステムだけで組むことができるのをアピールしていますね。MSX1でこれだけのことをやるのはかなり難しかったのでこれはすごいですね。多分テープに保存もできたでしょうけどデータメモリカードリッジで書き込み・読み込みができるのもすごいと思います。
 そして最終ページ。拡張性の豊かさが記載されています・背面の独自バスを変換して普通のMSXROMカートリッジが使用できる…でしたら普通のMSX規格でいいと思うんですが当時何かの戦略があったんでしょうかね。

 感想とかありましたらツイッター@v_saturnかコメントに返信してくれればうれしいです。

[パソコン]ビクターMSX HC-6パンフレット [パソコン]

VictorHC-6_0001s.jpg
 昨日ツイッターで UME-3 @ume3fmp さんが音楽再生ソフトNRTDRVXのMSX IPL起動versionが公開され動作確認機種のビクターHC-6がタイムライン上で話題になりまたREADME.TXTにも熱い思いが記載され刺激されました。
 ふと自分の部屋を見てみたらパンフレットがありましたので紹介します。
VictorHC-6_0002s.jpg
VictorHC-6_0003s.jpg
VictorHC-6_0004s.jpg
VictorHC-6_0005s.jpg
VictorHC-6_0006s.jpg

 動作環境でSFG-05が掲載されていて「あれ、これってヤマハのMSX専用スロットじゃなかったっけ?」とWeb上で調べてみたらどちらもミツミ電機のOEMでに提供されていたようです。
 映像のビクターなのでスーパーインポーズが最初に来ていますね。構成表を見るとすごい。ビデオ端子でテレビに映像を入れてそのテレビAV-MT15のRGB21ピンを21ピンでHC-6のスーパーインポーズアダプターでつないで録画用ビデオにもってくる。かなりの力技かつRGB21ピンでビデオ映像も持って行くなんて専用モニターの世界だろうと。でも当時拡張性で期待されていたので他社にもRGB21ピンで引き渡すことができるスーパーインポーズ対応回路内蔵テレビ…あるのだろうか。
 ビデオはビクターなのでVHSですが高画質ディスクとしてVHDを紹介。当時はレーザーディスクと競っていたんだなあ。
 それと「ビクターが創る音の未来」このMIDIアダプターはヤマハとは違う物だったのか気になるところですね。
 そして最後のページ、29年前からMSXでここまでできると広大な世界だったんだなあ…今見ますとMSXではとてもスペック足りませんが(^_^;)まあこの未来、つまり現代では実現できていますのでこの未来図はパソコンとしてみると非常に正確なのがすばらしいですね。

 というわけで刺激されたのとたまたま持っていたのでブログに書いてみました。

 感想とかありましたらツイッター@v_saturnかコメントに返信してくれればうれしいです。

ゲームレジェンド19感想 [ゲーム]

ゲームレジェンド1311_1.jpgゲームレジェンド1311_2.jpg

 今日11/10に川口市で開催されたレトロゲーム・マイナーゲーム中心同人誌即売会ゲームレジェンド19に行ってきました。
 今回購入した本は写真の通り。今回はかなり抑えたなあ自分。でも本読んだりサークルの方と話したりしてとても楽しかった。

 自分にとって衝撃的なことその1。☆よしみるさんの幻のゲーム企画の真相、64DDでこの企画されたゲームがでてたらどんなことになったかとても想像つかない。とても貴重な資料でした。
 自分にとって衝撃的なことその2,トミーのゲーム機ぴゅう太でゲームROMソフトが26本+海外のTUTORの2本だけだったこと(あとはテープソフト)。ぴゅう太&mk2&Jr.と3機種あるからもっと出ていると思っていました。

 本はこんな感じでしたが今回はいろいろと実機プレイしてきました。アーケード大型筐体スターウォーズとかニブラーとかカプコンロストワールドのローリングスイッチ仕様のアルティメットエコロジーとか。あとPC-6601SRでテクノソフトのプラズマライン、20年以上前が最後のプレイだったのでどんなゲームか忘れていました(^_^;)3Dシューティングじゃなくてレースだった。武器はオプションだったんだなあ。しかしPC-6601SRの処理いっぱいいっぱいな3D描写…3DSとかにリメイクしたら面白そうなんだけどなあ。

 と、今回もいろいろと楽しんできました。…体調回復したのでできればこのゲームレジェンドですとか他のゲーム同人誌即売会に自分のサークルで参加したいなあ、そんなふうに思った一日でした。

 感想とかありましたらツイッター@v_saturnかコメントに返信してくれればうれしいな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

あなたの98noteを486にアップグレードチラシ [パソコン]

up98note486upgrade_0001.jpg
 ひさびさに面白いパンフレットが出てきたので紹介を。
 90年前半、パソコンはPC-9801シリーズが多くのシェアを占めていました。その一翼を担ったのが98noteシリーズでした。
 初期のnシリーズはモノクロのみ、HDD搭載不可と当時デスクトップの定番だったVM21シリーズとは規格がずれていて「98note専用」とかで作る必要のものが結構あった。なのでビジネス用途では注目されたがホビー用途では興味はあまり持たれなかった。
 その後カラー液晶やホビー用途で外部カラー画面ができるようになったのがPC-9801NCやPC-9801NS/EでNCは初のカラー液晶ということで非常に高い価格だったがNS/Eは当時のデスクトップのフルセットとほぼ変わらない価格だった。(ということはモニター代が追加ということになるが)それでもコンパクトかつ持ち運んで使えるのは非常にメリットで徐々に主流になりつつあった。

 それに対抗して互換機を出しているEPSONは NoteAシリーズを出し特に自分が購入したPC-486NASは互換機ということで値段も手頃で最低グレードを選んでもUpGrade NOTEということでディスプレイとCPUも交換できるのが売りだった…が結構な値段だったのでアップグレードせずHDDの増設だけだったが(^_^;)

up98note486upgrade_0002.jpg

 今回の話題は自室のパンフを整理してたら出てきたこれ。NEC未公認ながらCPU換装する会社があったんだ。当時覚えていないんだけど…EPSONユーザーだから興味なかったんだろうなあ。
 裏の説明見るとかなりの性能アップになるので依頼する人いたのかなあ。でも値段が6万~7万だからあんまりいないだろうけど。Googleで型番UPG-98N40やUPG-98N50で調べてもヒットしないし。
 それとCPUが486としか書いていないのでいろいろな疑問も。インテルの486DXや486SXじゃなくてサイリックスの486互換CPUとかだったりして。バッテリー駆動時間がどれだけ変わるかも載っていないし。
 まあ当時こんなサービスがあったということでエントリしておきます。

 感想とかありましたらツイッター@v_saturnかコメントに返信してくれればうれしいな。

[本]エロゲー文化研究概論 [ゲーム]

エロゲー文化研究概論.jpg

[お仕事告知] エロゲー30数年のあゆみが一冊でたどれる『エロゲー文化研究概論』出版されます

 自分のゲーム体験を自分史にした「ゲーム30年史」を書いて同人誌にした者として『国産エロゲー」誕生より30年!!』の表紙(最初見たとき帯だと思った)で「発売したら買う」ことを決めたエロゲー文化研究概論。読み終わったので感想を。

80年代から90年代のエロゲーとそれと取り巻く環境を知りたい方は重宝する

 この本で冒頭は海外のゲーム「Strip Poker」と「Softporn Adventure」、日本のエロゲーは1982年の光栄から販売した「ナイトライフ」から始まって時折海外の情報や周辺事情を説明しながら進みます。80年代や90年代の事情は、インターネットで調べることが難しいところもあるので筆者の体験や調べたことがこの本に書かれているので役立つと思います。
 自分も読んで海外の情報や周辺関係はよく調べられたなあと。特にアスキー販売の「EMMY」が制作工画堂スタジオ開発は驚きでした。

構成を考えてほしかったなあ

 2000年代後半からはしょっている感がしますがそのあたりは「インターネットで調べてね」ってところですかね。そこをさっぴいても作りに難があるかなあと。
 まず前後のつながり。特に気になったのはV.G.とあすか120%の後に同人サークル渡辺製作所の話がなぜ出るのか。確かあすか120%やV.G.MAXに関わっていたという話を聞いたことがありますがそのあたりが記載されてないとわかりづらいのでは(裏とれていない話なのかな)
 あと編集。ゲーム関係と周辺事情が一緒になっているので流れが気になりました。
 このあたりは編集者や他の人に解説付きで読んでもらって「このあたりの文章や構成がおかしい気がする」と言ってくれたのではないのかなあ。

 もうちょっと年表や脚注でフォローがほしかったかなあと。いやこれは自分の本にも言えますね。

 感想とかありましたらツイッター@v_saturnかコメントに返信してくれればうれしいな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

サターン誕生日だから大冒険攻略本リメイク発表します「これはひどい」 [ゲーム]

大冒険pre.jpg

 今日11月22日はセガサターンの発売日です。自分にとってセガサターンはゲーム機の中でも一番思い入れがあってそれでペンネームも当時購入したVサターンが元になっているわけです。

 Twitterでゲームレジェンドのとき告知した大冒険攻略本、

リメイクします

 この本を某氏が「出さないの-」と言われていたのでせっかくだからリプレイして作り直したいと思います。当時は30時間ほどクリアに時間がかかったのですが「この本を読めば20時間でクリアできる」と書いた自分を信じて(^_^;)

 細かいことはまた後日で。…それと大冒険セガサターン版とプレイステーション版あわせた50時間のBDビデオとか見たくないですよね。そのあたりはまた考えておきます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

裏塔劇一日目(9/15)参加しました [ゲーム]

裏塔劇2012秋アウトフォクシーズ.jpg
↑イベント開始前の野試合であまりに勝ちすぎて勝ち数が99になるバグを引き起こしたアウトフォクシーズ

今回はタイミング良く東京に出る機会がありましたので9月15日~17日までトライアミューズメントタワーで行われた「パズルだろうがシューティングだろうがすべて対戦格闘になる」裏塔劇にアウトフォクシーズで参加しました。
アウトフォクシーズはナムコから95年に発売された対戦アクションゲームです。当時ストIIブームでどんどん新作の対戦格闘が発売されそれにともないシステムが複雑化され「もうついていけない」と思っていた中アウトフォクシーズが登場しシンプルながら戦略が必要で時には運の要素もでてくる個人的にはすばらしいゲームです。
大学に進学し横浜にでてなじみの深い場所になる「ゲームセンターセントラル日吉店(どうやらゲームプラザ☆セントラル日吉店に名称変更後閉店のようですが)」で対戦台が設置され自分はここでは中堅クラスの強さを持っていたと自負しています。しかしインカムの悪さのせいか3ヶ月ほどで姿を消してしまいました。
それから17年。一度も対戦する機会が無かったのですがこの裏塔劇で再び対戦することができました。イベント開始前の野試合では優勝候補の人との対戦プレイで勝負にはなりませんでしたが操作の感覚は取り戻したのでもう一度頭の中で戦略を構想し本戦に臨みました。今回のリングネームCLS-vsaturnのCLSはセントラルの略称で17年の歳月をかけたアウトフォクシーズ遠征だと心の中で思っていました。
結果は2回戦敗退でしたが1回戦目勝利もツキに左右されたのでしかたがない…と思っちゃいけない。きちんと戦略を立てて次回があれば参加したいと思います。
その後、2ゲーム目の宇宙大作戦チョコベーダーコンタクティーはガチ勢が本当にすごくて決勝リーグ最終戦は衝撃の結末でした。まさか宇宙人同士のプレイになるなんて…。
3ゲーム目のソウルキャリバーIII Arcade Editionは…ボルドの動きはホント奇抜だなあと。
これらはUstreamで配信され後日トライアミューズメントタワーの中の人がニコニコ動画にアップされると思いますが現場じゃないと楽しめない部分がかなりあります(特にチョコベーダー最終戦からのエンディングとか)都合の悪い方や非常に遠くの方は仕方ないかと思いますが興味があって秋葉原に行ける方はぜひ現場に来て盛り上がりを実感してほしいと思います。私は16日のぶたさんに参加して地元に戻る予定です。ぶたさんの対戦も楽しそうでテンション上がってます。X68000版で鍛えた腕…でも対戦は経験無いので戦略たててがんばりたいと思いますので応援よろしくお願いします。

感想とかありましたらツイッター@v_saturnかコメントに返信してくれればうれしいな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

Windows用シューティング「 Super Chain Crusher Horizon 」プレイ環境 [ゲーム]

 今日未明、先月シューティングゲームサイドイベントで発表されたSuper Chain Crusher Horizon、ツイッターで話題にしていたら開発会社マインドウェアの社長 Micky G. Albert さんからツイートがあって「あんまりWin上では遊ばないんだけど」と思いつつ体験版DLして遊びました。

「爽快感あるなあ」

誘爆を狙って得点を稼ぐシューティングゲームですがトランス系のミュージックにあわせて乗るシューティングになっていてとても楽しいです。製品版配信開始されたらぜひ買おう。

 ただ、オフィシャルサイトでも動作環境が掲載されていないのでそのあたりをツイートですが残しておきます。

  • v_saturnv_saturn早朝マインドウェアの @MickyAlbert さんと会話していた今度発売のSuper Chain Crusher Horizonの体験版の個人的な動作まとめ。09/08 12:46
  • v_saturnv_saturnSuper Chain Crusher Horizonの公式サイトはこちら http://t.co/p6uCvCgO 現在体験版配布中09/08 12:48
  • v_saturnv_saturn4亀さんは必須となってますが実際は「推奨」画面の横幅最大限で表示。なのでFULLHD1枚でもOK RT 3200×800ドット環境必須の「Super Chain Crusher Horizon」体験版公開 http://t.co/mqQQZSxe @4GamerNewsさんから09/08 12:52
  • v_saturnv_saturnSuper Chain Crusher Horizon、驚きは3Dアクセラレーションを使用していないのでUSBモニタもOKです! http://t.co/mDirN72l


    SCCH体験版.jpg

    09/08 12:58
  • v_saturnv_saturnただし縦ぴったり800ドットではウインドウ枠の分はみ出すのでゲームに支障が出ます(ためゲージがはみ出す)。それ以前にこんなにインチ差があると目に支障が出ます(^_^;)>Super Chain Crusher Horizon http://t.co/mDirN72l09/08 13:02
  • v_saturnv_saturnSuper Chain Crusher Horizon、コントロールはキーボードか「XBOX360コントローラ」。どうやら追加プログラム「XNA」の仕様で標準USBコントローラがWin7上で正常認識していてもダメな模様(Real Arcade Pro.3で確認)09/08 13:10
  • v_saturnv_saturnでも @MickyAlbert さんの話では「動くコントローラもあるようだ」ということで体験版で試すのが吉。箱○コントローラなら互換機でもOK(ホリPAD EX2で確認)>Super Chain Crusher Horizon09/08 13:13
  • v_saturnv_saturnSuper Chain Crusher Horizon体験版、Microsoft SkyDriveに保存してあるのでMicrosoft アカウント(旧Windows Live ID)が必要、http://t.co/wZMC9RHSでも配布開始ですがID登録必要(無料)09/08 13:21
  • v_saturnv_saturn自分の調べた限りではこんなところ。トランス系のミュージックにあわせて誘爆の快感が味わえるシューティングなので気になる方はぜひ。でも環境確認のために体験版プレイ必須かと>Super Chain Crusher Horizon09/08 13:25
  • v_saturnv_saturnあとはこの方のエントリが内容把握しやすいです。 / “Super Chain Crusher Horizon 体験版 - 人生に疲れた男のblog” http://t.co/mzprXQnZ09/08 13:28


 うちもかなり変な環境でマルチディスプレイしたので(21インチメインに9インチUSBサブモニターなんて非常識な環境、でも3Dアクセラレーション使用していないので動いた。ただゲームに支障が出る(^_^;))感想や「この環境で動きました」とかありましたらツイッター@v_saturnかコメントに返信してくれればうれしいな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。