So-net無料ブログ作成
検索選択

レトロPC、NEC PC-6000シリーズ編その2 [パソコン]

 前回からの追加でPC-6000シリーズネタです。
まずは「六本木パソコンMr.PC」 PC-6601SRです。
ワイヤレスキーボードにはじまる果てしない才能のきらめき」すごいアピールですなあ(^^;)
FM音源ついていたんだ。それと任意語合成出力(音階機能付)、P6mkIIはしゃべるだけでしたがSRは音階機能が追加されているんですね。だから歌えて「初音ミクの元祖」って言われるわけですか。
PC-6601SR_1.jpg
PC-6601SR_2.jpg

次にカラープロッタプリンタ PC-6022。自分これ買ったんだよなあ。紙を上下させて図形や文字を書くんです。
すっごい細いボールペンで1本700円。高すぎ。けっきょく使い切らなかったなあ。
「パピコンをより自由に」NECもパピコンって言葉でPC-6001をアピールしたかったんですねえ。
PC-6022_1.jpg
PC-6022_2.jpg

そしてスーパーインポーズユニット PC-60M54。これはPC-6601SRの機能の元になったものでいいのかな?
で、型番にMが付くとmkII以降専用だったと思うのですがシステム接続図にはPC-6001あるんですよね。有効活用したって方の感想を聞きたいですねえ。
PC-60M54_1.jpg
PC-60M54_2.jpg

で、おまけがっこうシリーズ。「7歳までに脳の発達は、決まります。」だから自分こんなPCマニアになってしまったのね(^^;)
しっかしこのクラスのソフトで5万前後はないだろ…って突っ込みたいんだけど専用ROM/RAMカートリッジ付いているんだ。そうなると仕方がないのかな?あとP6用オーバーレイシートも珍しいですね。
がっこうシリーズ_1.jpg
がっこうシリーズ_2.jpg
がっこうシリーズ_3.jpg
がっこうシリーズ_4.jpg
がっこうシリーズ_5.jpg
がっこうシリーズ_6.jpg

またなにかネタがあったら追加します。暇があれば(^^;)
感想とかありましたらツイッター@v_saturnに返信してくれればうれしいな。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。