So-net無料ブログ作成
検索選択

セガTERADRIVEパンフ&ヤマギワTERADRIVE情報 [パソコン]

 セガはファミコン時代にSC-3000でパソコンに参入して29800円という低価格でそこそこ売れたと聞いています(しかしプログラムするのにBASIC ROM必要ですが)それから10年弱。日本IBMと共同開発されたのがこのテラドライブです。IBM-PCとメガドライブの合体でしかも同時に使用もできるというのがすごかった。

だからセガは、「こうなればもっと仲良くなれるのに…」とみんなが思っていたことを、テラドライブでカタチにしました。 

という売り文句がすごい。しかしIBM-PC側CPUが80286と弱く、マルチメディアとしてもCD-ROMシステム登場予定と書いてあるが当時のセガのごとく発売せず。メガドラ側としては改造なしでクロックアップ可能が特徴か。しかしあんまり恩恵はなかったと思います。

 それと一緒にあったヤマギワテクニカ店のセガTERADRIVE情報。「NEC/シャープ/富士通など、各社のパソコンとなにが違いを発見しよう!」と微妙な日本語が泣かせますが徹底的にアピールしようとする気持ちが伝わってきます。

 しかしこのパンフだけだと「メガドラやるのに普通のテレビ必要なのかよ!」って勘違いしてしまいそうです。セガハード大図鑑の方にメガドライブをPCモニタに映した画面があります。

 その後、セガ自身ではパソコンを出してないんですよね。ゲームベーシックフォーセガサターンはアスキーですし、マイノートパソコン クリアノートはセガトイズですし、あとは有志のドリームキャストのLinux/Dreamcastだけですからね。
 …テラドラ2、テラドラ3とかがんばっていたらPC業界変わっていたかもしれませんね…そんなことないかな?
teradrive_0001.jpg
teradrive_0002.jpg
teradrive_0003.jpg
teradrive_0004.jpg
teradrive_0005.jpg
teradrive_0006.jpg
teradriveyamagiwa.jpg

 感想とかありましたらツイッター@v_saturnに返信してくれればうれしいな。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。